Ubuntu freak(バーチャルボックス)

バーチャルボックス

バーチャルボックスの導入

 バーチャルボックスは、今利用しているOSの環境を変えずに、そのOS上で他のOSを仮想構築して利用できるソフトです。

 バーチャルボックスは、「Windows」・「Mac」・「Linux」等複数のOSを利用する事ができます。 バーチャルボックスを利用すると、利用できるソフトが増えてパソコンでできる範囲が拡大します。

 「Ubuntu」では、「ソフトウェアセンター」から簡単にバーチャルボックスを導入できます。

 ここでは、「Ubuntu」にバーチャルボックスを導入して、 現在、人気急上昇のディストリビューション「LinuxMint12」の「インストール」の方法を紹介します。

PageMenu

バーチャルボックスのインストール

LinuxMint12のISOファイルをダウンロード

バーチャルボックスの設定

LinuxMint12のインストール

バーチャルボックスのインストール

 「ソフトウェアセンター」の検索欄に「virtualbox」と入力します。 (そのまま「インストール」をクリックしてもOKです。)

バーチャルボックスのインストール

 「詳細情報」をクリックして「インストール」をクリックすると、 パスワードを要求されるので、パスワードを入力して「認証する」をクリックします。

バーチャルボックスのインストール

 「インストール」が開始されます。

バーチャルボックスのインストール

 「インストール」終了です。

バーチャルボックスのインストール

 「home」に「VirtualBox」のフォルダが作成されます。

バーチャルボックスのインストール

ページメニューへ

LinuxMint12のISOファイルをダウンロード

 「LinuxMint12」の>公開ホームページからISOファイルをダウンロードします。 今回は、軽快なCDタイプの32ビット版をダウンロードします。(それぞれの好みでご自由に選択してください。)

 「ダウンロード」フォルダに、「LinuxMint12」のISOファイルがダウンロードされます。

LinuxMint12のISOファイル

 「ダウンロード」フォルダから、「ドキュメント」フォルダにコピーしておきます。 (「ダウンロード」フォルダでもいいのですが、「ダウンロード」は、 ダウンロード専用のフォルダなので、いちおう「ドキュメント」フォルダに配置したほうがいいでしょう。)

LinuxMint12のISOファイル

ページメニューへ

バーチャルボックスの設定

 バーチャルボックスを起動します。

バーチャルボックスの設定

 まず、「新規」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 OSの名前(任意)を入力して、オペレーティングシステムは「Linux」・バージョンは「Ubuntu」を選択します。 「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 メモリー容量を入力します。PCのメモリー容量によりますが、「1024」(=1G)でいいでしょう。 (この場合は、バーチャルボックスにインストールするOS=ゲストOSのメモリー容量よりも、 本体のOS=ホストOSのメモリー容量のほうが大きくなる設定にします。それぞれの環境により調整してください。) 「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 仮想ディスクの「サイズ」を入力します。ここでは、「50G」にしておきます。 (それぞれの判断でご自由に設定してください。) 「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「Create」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「Create」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「設定」をクリックします。 (「LiveCD」を作成した場合は、ここで「LiveCD」を挿入して「起動」を押します。)

バーチャルボックスの設定

 次の画面で、「ストレージ」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 次に、「ストレージツリー」の「IDEコントローラ」の下の「空」を選択して、 画面の右側の「IDEセカンダリ」の右側の「CDマーク」をクリックすると、 項目が現れるので、一番上の項目の「仮想CD/DVDディスクファイルの選択」をクリックして、 先程ISOファイルをダウンロードしておいた「ドキュメント」フォルダを選択します。

バーチャルボックスの設定

 すると、次の画面が表示されるので、ダウンロードしたISOファイル→ 「LinuxMint12」のISOファイルをダブルクリック、または、右下の「開く」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 すると、「ストレージ」画面に戻ります。 「ストレージツリー」の「IDEコントローラ」の下の「空」が、「LinuxMint12」のISOファイルに変わっている事を確認できます。

 「OK」をクリックします。

バーチャルボックスの設定

 バーチャルボックスのテーマ画面にもどり、ここで「起動」をクリックします。 (この工程で設定した場合、「LinuxMint12」の「LiveCD」を作成しなくても「LinuxMint12」をバーチャルボックスにインストールできます。)

バーチャルボックスの設定

ページメニューへ

LinuxMint12のインストール

 次の画面で、「OK」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 次の画面で、「OK」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「Linux Mint」のデスクトップの「Install Linux Mint」アイコンをクリックします。

LinuxMint12インストール

 次の画面で、「Language」を選択します。

LinuxMint12インストール

 スクロールして「日本語」を選択すると、「日本語」に変わります。「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 パソコン環境が「日本」に変わります。「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「インストールの準備」事項を確認して、「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「ディスクを削除してインストール」を選択して、「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「ディスク容量」を確認して、「インストール」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「インストール」をクリックして「インストール」が始まります。

LinuxMint12インストール

 「どこに住んでいますか?」の画面で、「Tokyo」を確認して、「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「キーボードレイアウト」の画面で、「日本語」を確認して、「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「ユーザー名」・「パスワード」を入力して、「ログイン方法」を選択して、「続ける」をクリックします。

LinuxMint12インストール

 「インストール」が続行します。

LinuxMint12インストール

 下の画面が表示されたら、「インストール」終了です。「今すぐ再起動」をクリックして、「再起動」します。

LinuxMint12インストール

 「再起動時」に、”「Please」~「Enter」;”と表示されたら、「Enter」を押します。

LinuxMint12インストール

 「LinuxMintへようこそ」の画面が表示されたら、「LinuxMint12」の「インストール」完了です。

LinuxMint12インストール

 バーチャルボックスの「LinuxMint12」を拡大表示にします。

 バーチャルボックスの「LinuxMint12」を終了する場合は、左上の「X」をクリックすると、三つの項目が表示されます。 一番上の項目は、「設定を保存して終了」で、一番下の項目は、「オフしてそのまま終了」となり、 そのどちらかを選択して「終了」します。最初の「バーチャルボックス」のテーマ画面になります。

 バーチャルボックスで、再度「LinuxMint12」を起動したい場合は、 再度「起動」をクリックします。

 「LinuxMint12」の操作や設定に関しては、ぜひ>こちら参考にしてみてください。

LinuxMint12インストール

ページメニューへ